2011年01月06日

稽古日誌(1月6日)

おとぎの世界の住民のキツネでございます。久しぶりの登場でございます。

おとぎの世界のスキャンダルが明らかにされる日までほぼ1週間。登場人物たちは
世間の皆様方にお見せするのに恥ずかしくないよう、いかに美しく、おしゃれにかっこよく、
ファンタスティックに見えるようにするか、研究に余念がございません。

何でございましょうか、一部の登場人物の間では、わたくしの自慢のしっぽをなでなですると
舞台がうまくいくという噂がたちはじめておりまして、わたくし、くすぐったいのでございます。
あ、そこやめてくださいませ、いやん…

あ、失礼しました。
それからもうひとつ、登場人物の間で流行っているものがございます。
それは、「マスク」。いえ、仮面舞踏会があるわけではないのですが、
去年日本とかいう国で新型インフルエンザなる病気が流行して
薬局という薬局から消え去ったアレでございます。おとぎの国の住民が集合したときの
異様な光景といったら、連日の寒さで帽子を深々とかぶっている人もいて、
誰が誰だかわからなかったりするのでございます。皆様方の前で美声を披露するために
風邪から身を守らねばなりませんゆえ、完全防備なのでございます。

ああ、当日まであと1週間でございます。どんなトキメキが待っているのでございましょうか、
乞うご期待!でございます。
posted by みなとミュージカルカンパニー ブログメンバー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記