2010年02月20日

2月20日(土) 演技

待ちに待った公演後の初稽古です!

また、太鼓に合わせて飛んだり腹筋したりするのかしら…。
なんて体力の不安と戦いつつも、動けるように着替えて
時間ギリギリに着いて扉を開けた瞬間…がーん。

鍵開けの慎ちゃん1人居て
机は雁坂先生が運んでいるではありませんかっ( ̄□ ̄;)!!
きゃー、ごめんなさい
緩んでしまった気持ちを引き締めなくてわ。。。


と、少人数で始まりましたが、内容はとても濃ゆくて
得をした参加者数名でしたわーい(嬉しい顔)

トロイ戦争を舞台にした壮大な作品を渡されて
体力は使わずとも、頭をフル回転させ、脳みそがぐったり台風

一場はなんと平家物語の「祇園精舎の金の声」から始まり
ミュケナイ王アガメムノン、イピゲネイアにクリュタイメストラ…
く、口が回らん。

初めて見た台本を、瞬間に読み取って台詞にする
すごく難しいけど、面白い!
まあ、一回目はカタカナの名前を読むだけでも
相当時間がかかりましたが…わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

やっぱり私は等身大よりも、こんな風に
まったく違った時代と人間を演じるのが楽しいな〜。
「夏の夜の夢」も大変だったけど
雁坂先生の演出という安心感もあって、
あの世界がすごく楽しかった。
私は、歴代何(千?万?)人目のハーミアだったのであろう?
とか、
他の人はどんな「夏の夜の夢」を演じるのだろう…
シェイクスピアの他の作品ってどんなのだろう?
とか、
考えたり観たくなったり
そうやって、シェイクスピア作品にはまっちゃうのかしら?
なんて話も皆でしてました。

さて、話は戻って
神話時代、3千年前のギリシャ。
神々と国々を巻き込んだヘレネとパリスの略奪愛!
今の時代の常識では考えられないことが
次々に書かれている(であろう)全15場のうち
今日は5場まででした。
続きを早く読みたいなー。


ひさえるんるん
posted by みなとミュージカルカンパニー ブログメンバー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35497243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック